ハーブティーのススメ

ハーブティーのススメ

ハーブティーとは、ハーブを乾燥させたものを煮出したり、熱湯を注いで蒸らしたりして飲むお茶のことです。 ミントやローズヒップ、ペパーミントにカモミール、ラベンダーにセント・ジョーンズ・ワート、ローズマリーにシナモン、レモングラスなどなど、 一般的には西洋ハーブのお茶をハーブティーと呼ぶことが多いようですが、広い意味では韓国のお茶として有名な高麗人参茶や、 日本のハーブとも言えるヨモギのお茶や、シソやドクダミのお茶なども含まれます。 これらのお茶は、葉の種類によって香りが大きく異なること、それぞれのお茶に含まれる栄養分に特徴があるために期待される効能にも差があるものの、 特定の目的のために飲まれることがよくあることなどが特徴です。

例えば夜眠れない時にはラベンダーやカモミールなどのリラックス効果のある香りのハーブティーが好んで飲まれることが多く、 妊娠期間中にはローズヒップやタンポポ茶、ネトルやカモミールなどのお茶がお勧めだったり、逆にセージやローズマリー、セント・ジョーンズ・ワートやマテ茶は避けた方が良いとされていたりします。 とは言え、好きな香りは自分の身体が欲している香り=欲している成分、という考え方もあるようです。 今では購入前に香りを試せるお店も増えていますので、是非一度足を運んで、ご自分のお好きな香りを見つけてみることをおススメいたします。